老夫婦

補正下着で体のラインを綺麗に|ランキングを参考にして下着を選ぶ

変わらない

男女

更年期は女性特有の症状ではありません。

男性でも更年期がありますので男女別の更年期障害の原因や症状、治療方法などについて説明していきます。 まず女性の更年期は閉経をはさんだ前後10年間を指し、日本人女性の閉経の平均が50歳であることから、45歳〜55歳の10年間が更年期の時期にあたります。 この時期に特に体の不調を感じないという人もいれば、様々な不調があらわれ日常生活に支障をきたすという人がおり、更年期の時期にあらわれる様々な不調を称して更年期障害と言われています。 女性の更年期障害の原因は女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少してしまうことにあります。 更年期障害の症状としては、のぼせ・発汗・動悸、冷え・疲労感・頭痛・肩こり・めまい・イライラ・情緒不安定・鬱、むくみ・便秘・下痢・乾燥・痒み・頻尿など様々な症状があらわれます。

続いて男性の更年期について説明します。

男性の場合は45歳〜65歳くらいが更年期と言われる時期になります。この年齢は男性ホルモンのテストステロンが徐々に減り始めてくることから様々な不調が心身にあらわれてきます。 男性の更年期障害の症状は、のぼせ・発汗・動悸・冷え・疲労感・頭痛・肩こり・めまい・イライラ・情緒不安定・鬱・便秘・下痢・頻尿・筋力低下・性欲減退・EDなどの症状で、女性と似ている症状があらわれることが多くなります。 特に男性の場合は心と性に症状が出やすい傾向にあります。 男女ともに更年期障害の原因はホルモンの減少にありますので、治療方法としては減少していくホルモンを補充するホルモン補充療になります。補充する方法としては内服薬、注射、貼り薬、塗り薬という方法になります。